1.   機能説明(パソコン)      【スケジューラー】

(1)   スケジューラーの紹介

メニューから「スケジューラー」をクリックすると週表示のカレンダーが表示されます。

スケジュール以外の各種情報の表示/非表示用フィルターカレンダーは週表示、月表示、日表示を切り替える事が可能です。初期表示は週表示です。

月表示、日表示は表示される範囲が異なりますが、基本的な操作は週表示画面と同様です。

スケジューラー設定へ,検索へ,日表示へ,月表示へ,スケジュール作成へ,表示グループ切替え,学年暦PDFダウンロード画面表示,Googleカレンダー同期画面を表示,「在席情報を表示」のチェック有で在席状況が表示される。
(未設定時は表示されない)
,前週、前日、本日、翌日、翌週表示に切替え,タイトルクリックでスケジュールの詳細を表示,該当日の日表示に切替え,スケジュール作成へ,一覧に表示する最大件数を選択,他ユーザー視点画面を表示 

 

 

 

 


 


(2)   スケジュールの詳細表示

カレンダーの各日付欄に表示される件名をクリックすると、スケジュールの詳細が表示されます。

「スケジュールから抜ける」ボタン(①)は自分がスケジュールの登録メンバーの場合に表示されます。

参加可能なスケジュールの場合、「スケジュールに参加」ボタンが表示されます。

※表示している予定への更新権限がない場合、「編集」「削除」ボタンは表示されません。

また、申請が必要な施設の予約が承認されている場合は「編集」ボタンは表示されません。

 

カレンダーに表示されている予定には、登録した予定のほかに時間割やお知らせ、図書返却期限、SNSのトピックイベントも表示されています。

 

時間割やお知らせ、図書返却期限、SNSのトピックイベントの場合には、詳細が参照できるのみで、編集はできません。

 

「コピー」ボタンは現在のスケジュールの内容を引き継いでスケジュール新規作成画面を開きます。

 

スケジュール編集画面へ,スケジュール削除画面へ,スケジュール新規作成画面へ。
※このスケジュールの内容がデフォルトでセットされた新規作成画面を開きます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(3)   スケジュールの作成(1)~基本的な入力方法~

 

メニューの「新規作成」または各日付欄の中の「スケジュール作成アイコン」の

クリックで新規作成画面が表示されます。

 

スケジュールの開始日時、終了日時、件名、内容、備考などを入力して

「作成」ボタンをクリックすると新たな予定として登録されます。

また一度登録したスケジュールを編集する場合も同様の操作です。

 

 

スケジュール作成の際には自分の所属に属する人など、他の人のスケジュールも

登録する事が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①SNSのコミュニティー、授業情報など、検索するグループを選択し、ユーザーの検索を行う
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(4)   スケジュールの作成(2)~繰り返しの予定を入力する方法~

 

繰り返しての予定としても登録可能です。

 

 

繰り返しの予定の場合、時刻のみを指定します。,毎日繰り返すか、土日を除いた毎日繰り返すか、毎週指定の曜日に繰り返すか、毎月指定の週、曜日に繰り返すか、毎月同日に繰り返すかを指定します。,繰り返しの予定として登録する場合に選択,繰り返し予定の終了日を指定します。
(施設予約、物品予約を合わせて行う時は、期限の設定が必要)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(5)   スケジュールの作成(3)~終日予定を入力する方法~

 

終日予定として登録する場合にチェック終日の予定としても登録可能です。

 

 

 

スケジューラーに表示する際の背景色を選択
 

 

 

 

 

 

 


・カレンダー上での終日予定表示例

WS000029
 

 

 


 

 


(6)   予定の作成(4)~公開範囲~

 

スケジュール作成時に、件名や詳細などを公開する範囲を指定します。

 

公開範囲の種類

l  全員に公開

スケジュールの件名や詳細をアカンサスポータルのユーザー全員に公開します。

l  教職員に公開

スケジュールの件名や詳細を教職員のみ(退職・転出除く)に公開します。教職員以外のユーザーには、「予定あり」と表示します。

l  登録メンバーのみ公開(非公開)

スケジュールの件名や詳細を登録メンバーのみに公開します。

登録メンバー以外には「予定あり」とだけ表示され、件名や詳細が公開されません。

l  登録メンバーのみ公開(完全非公開)

スケジュールの件名や詳細を登録メンバーのみに公開します。

登録メンバー以外には予定が表示されません。

l  範囲選択

スケジュールの件名や詳細を公開する範囲を所属・SNSフレンド・SNSコミュニティー・授業情報グループから、個別に設定することができます。

範囲指定を追加する時に、「更新権限」の有無を指定することができます。

また、設定した公開範囲に含まれないユーザーへの表示設定を「非公開」「完全非公開」から選択できます。

 

 

更新権限

公開範囲に含まれるユーザーが、スケジュールの編集・削除・参加を行えるかどうかの権限を設定することができます。

 


 

(7)   スケジュールの作成(5)~施設予約・物品予約~

スケジューラーでは予定の作成だけでなく、施設予約や物品予約を合わせて行うことができます

 

 


 

(8)   スケジュールの作成(6)~かんたん登録~

スケジュールを作成する際、かんたん登録を利用するとスケジュールが簡単に登録できます。

開始、終了時間、件名、内容のみ入力可能か簡易登録画面が表示されます。

登録メンバーには「自分」が自動で設定されます。

公開範囲には、スケジューラー設定画面で登録している公開範囲が自動で設定されます。

「登録する」ボタンをクリックするとスケジュールが登録されます。

チェックを有効にする
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(9)   スケジュールの作成(7)~Myパターンの利用~

スケジュール作成の際、Myパターンを利用すると、公開範囲、登録メンバーが自動で設定され、スケジュールをより簡単に登録することができます。

Myパターンの登録、編集方法は、「(22)Myパターンの登録」を参照してください。

登録したいMyパターンを選択すると、自動で、公開範囲、登録メンバーが設定される。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


(10)                 スケジュール作成時の詳細表示

スケジュールを作成すると、作成したスケジュールの詳細が表示されます。

ここでは、作成したスケジュールの確認や登録メンバーにメッセージを通知することができます。

「メッセージ送信」ボタン(①)はスケジュールの登録メンバーを対象に、メッセージを送信します。

但し、スケジューラー設定でメッセージ作成受信設定を「受け取らない」に設定している人には送信されません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(11)                 スケジュールへの参加

スケジュールの詳細の「スケジュールに参加する」ボタンをクリックすると、スケジュールの参加画面が表示されます。

※参加する範囲は、繰り返し予定の場合にのみ表示されます。

 

繰り返し予定の場合に、どの範囲で参加するか指定,ボタンクリックで、スケジュールへの参加が完了
 

 

 

 

 

 

 


 


(12)                 スケジュールの削除

スケジュールの詳細の「スケジュールから抜ける」ボタン、または「削除」ボタンをクリックすると、スケジュールの削除画面が表示されます。

 

    「全てのメンバーの予定を削除」は、「削除」ボタンで画面を表示した場合のみ表示されます。

削除する範囲は、繰り返し予定の場合にのみ表示されます。

 

開始時間が過ぎている承認済みの施設予約または物品予約が含まれている場合は削除できません。

 

 

自分だけ削除する(抜ける)か、または全てのメンバーを削除するかを指定,繰り返し予定の場合に、どの範囲で削除する(抜ける)か指定,チェックを有効にすると、スケジュール削除時、登録メンバーにメッセージが送信される,ボタンクリックで、スケジュールの削除が完了
 

 

 

 

 

 

 


 


(13)                 ユーザー検索

表示したいユーザーの所属やグループ、氏名などを検索条件に入力し「ユーザーを検索」ボタンをクリック特定のユーザーを検索し、そのユーザーのスケジュールを確認することができます。

 

右の一覧に表示された検索結果の中から、選択したい人を左の一覧に追加,クリックでグループ全員のスケジュール表示
(人数制限なし)
,クリックでスケジュール表示
(最大100人まで)
,選択されたグループのユーザーの予定が表示される
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(14)                 他ユーザー視点から自分のスケジュールを確認

自分のスケジュールを、自分以外のユーザーの視点から確認することができます。

月表示、週表示、日表示の3通りの見方で確認することができます。

 

ここでは、週表示からの自分のスケジュールの確認方法を説明します。

選択したユーザーのスケジューラーから、自分のスケジュールがどう見えているかを確認できる。
公開範囲の設定によって、自分のスケジューラーと見え方が変わってくる。
(操作方法は月表示、週表示、日表示とも通常のスケジューラーと同じ)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(15)                 スケジュールの検索

スケジュールを検索するにはスケジューラーのメニューから「検索」をクリックします。

検索ボタンをクリックすると結果一覧が下部に表示されます。タイトルをクリックするとスケジュール詳細が表示されます。

検索は自分のスケジュールのみが対象となります。

 

期間と検索するキーワードを入力して検索ボタンをクリックします。
スペースで区切って複数語句の指定が可能です。
スケジュールの件名と内容、備考が検索対象となります。
 

 

 

 

 

 

 

 


 


(16)                 スケジュールの「月表示」について

月表示は、表示される範囲が週表示と異なりますが、基本的な操作は週表示画面と同様です。

以下では、操作が異なる点について説明します。

 

前月、今月、翌月表示に切替え,前週、翌週からの表示に切替え,現在表示しているユーザーを表示。表示するユーザーを選択すると、該当ユーザーのカレンダーに切替わる,前週、翌週からの表示に切替え,各月リンクをクリックすると、表示年の各月カレンダーに切替わる,表示年の前年リンクが表示される。リンクをクリックすると、表示年の前年12月のカレンダーに切替わる,表示年の翌年リンクが表示される。リンクをクリックすると、表示年の翌年1月のカレンダーに切替わる,表示したい年月を選択して表示ボタンをクリックすると、選択した年月のカレンダーが表示される。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(17)                 スケジュールの「日表示」について

スケジュールの日表示は、週表示、月表示とレイアウトが異なります。

基本的な操作は、週表示画面と同様です。

表示される時刻の範囲は、通常8:0019:00までですが、スケジューラー設定で変更が可能です。

 

表示時刻を設定し、「設定保存ボタン」をクリックすると設定が保存され、日付表示の表示内容が変更されます。

スケジューラー設定画面へ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表示時刻設定で、スケジューラーの日表示で
表示されるタイムラインの範囲を設定

 


(18)                 スケジューラー設定

スケジューラーの各種設定をするには、スケジューラーのメニューから「スケジューラー設定」をクリックします。

 

初期表示グループ(①)では、スケジュールの初期表示時のグループを指定することができます。

 

スケジュール作成画面初期設定(②)では、スケジュール作成画面の表示方法を指定することができます。

 

スケジュール作成メッセージ受信設定(③)では、スケジュール作成時にメッセージを受け取るかどうかを指定することができます。

 

公開範囲(④)では、スケジュールの新規作成時に初期表示される公開範囲を指定することができます。

詳細は「(6)予定の作成(4)~公開範囲~」を参照してください。

 

①「設定保存」ボタンクリックで設定が保存されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スケジューラー設定を保存
 

 

 


 


(19)                 外部からのデータの取り込み

スケジューラー設定画面では、外部からデータ取り込む(インポート)や、データの出力(エクスポート)ができます。

 

参照ボタン(①)をクリックすると、ファイルの選択ウィンドウが表示されますので、インポートをおこなうスケジュールファイルを指定してください。

インポート可能なデータ形式はGoogleカレンダーなどで作成可能なiCAL形式です。

時刻設定でインポートするスケジュールの期間を指定してください。

公開範囲でインポートするスケジュールの公開範囲を指定してください。

 

「ダウンロード」ボタンをクリックするとデータが出力されます。データ形式はインポート同様iCAL形式です。

          出力されるデータは、画面で指定した開始日時、終了日時の期間のスケジュールとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(20)                 Myパターンの登録

スケジューラー設定画面では、スケジュール登録の際に利用できるMyパターンを登録できます。

 

Myパターンを登録するには、スケジューラー設定に表示されているMyパターン設定の「Myパターン新規作成」ボタンをクリックします。

また、登録名称のリンクをクリックすることで、登録済みのMyパターンを編集できます。

 

Myパターン名称を設定,Myパターンに設定したい公開範囲を選択,Myパターンに登録したい
登録メンバーを選択
,Myパターンの登録、変更
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(21)                 Googleカレンダーとの同期

Googleカレンダー同期では、スケジューラーの予定とGoogleカレンダーの予定の同期を取ることができます。

 

スケジュールの同期を取るGoogleアカウントを登録するには、スケジューラー設定に表示されているGoogleカレンダーの同期の

「同期アカウント追加」ボタンをクリックします。

登録名称(任意の識別用文字列)、GoogleアカウントのID、およびパスワードを入力,Googleアカウントを削除(編集時のみ表示される)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

Googleアカウントを削除(編集時のみ表示される),設定されたGoogleアカウント情報を保存,メインカレンダー、アカウント独自のカレンダー、アカンサスポータル用カレンダーを作成する(自動でカレンダー作成)からスケジュールを保存するカレンダーを選択,Googleカレンダーのスケジュールをスケジューラーに取り込む際の公開範囲を設定 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


同様の操作で、複数のGoogleアカウントを登録することが可能です。

また、登録名称のリンクをクリックすることで、登録済みのGoogleアカウントを編集できます。

 

Googleカレンダーと手動で同期するには、カレンダーに表示されている「Googleカレンダー同期」ボタンをクリックします。

月表示、週表示、日表示で「Googleカレンダー同期」ボタンが表示されますが、同期される予定は同じです。

同期する期間は「1週間前から」「1ヶ月前から」「1年前から」「全て」の中から選択できます。

 

同期を行うアカウントにチェック,同期実行
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(22)                 リマインダーの設定

スケジューラーでは、予定開始時刻が近づくとメッセージやポップアップでスケジュールをお知らせする機能があります。

リマインダーの設定は、スケジューラー設定で行います。

 

チェックを有効にして表示時間を指定,チェックを有効にして通知時間設定
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(23)                 スケジューラー「月表示」(ToDo)について

以下では、スケジューラー「月表示」でのToDoの表示内容について説明します。

ステータスが「未」の場合に表示されるアイコン,ステータスが「未」の場合に表示されるアイコン,ステータスが「済」の場合の表示,ステータスが「未」の場合の表示,ToDoの新規作成画面に遷移する,ToDoの一覧表示画面に遷移する,ToDoの表示または非表示の設定を行える
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


(24)                 スケジューラー「週表示」(ToDo)について

スケジューラー「週表示」は、表示される範囲が月表示と異なります。基本的な表示内容は月表示画面と同様です。

以下では、表示内容が異なる点について説明します。

2件までのToDoを表示
3件目以降は件数表示
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


(25)                 スケジューラー「日表示」(ToDo)について

スケジューラー「日表示」は、表示される範囲が月表示・週表示と異なります。基本的な表示内容は月表示・週表示と同様です。

以下では、表示内容が異なる点について説明します。

 

ステータスが「未」の場合に表示されるアイコン
※「済」の場合、アイコンは表示されない
,この領域にはアイコンは表示されない
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



(26)                 スケジューラーガジェット「小-表示」(ToDo)について

以下では、スケジューラーガジェット「小-表示」での、ToDoの表示内容について説明します。

ステータスが「未」の場合の表示,ステータスが「未」の場合に表示されるアイコン
※「済」の場合、アイコンは表示されない
,選択した日付のToDoリストが表示される
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


(27)                 スケジューラーガジェット「大-表示」(ToDo)について

以下では、スケジューラーガジェット「大-表示」での、ToDoの表示内容について説明します。

ステータスが「未」の場合の表示,ステータスが「未」の場合に表示されるアイコン
※「済」の場合、アイコンは表示されない